アマテラスの誕生

筑紫申真 著

古代、各地方にあまねく存在していた太陽神は、壬申の乱を契機に天皇家の祖神へと変貌した。古代天皇制の理論的・宗教的背景となる伊勢神宮・アマテラス・記紀神話。その成立過程を民俗学と日本神話研究の成果を用いてダイナミックに描き出す。律令国家の形成にむかう激動の七世紀末、大和と伊勢を舞台に展開した、血脈をめぐる壮大なドラマの全貌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アマテラスの性格
  • 皇大神宮の成立
  • 天つカミの降臨
  • プレ=皇大神宮の全貌
  • まつられぬアマテラス
  • アマテラスの誕生
  • 八咫の鏡
  • 太陽の妻
  • 天の岩戸の舞踏
  • 天孫降臨とは
  • ヤマトタケルの悲劇
  • アマテラスの祝福

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アマテラスの誕生
著作者等 筑紫 申真
書名ヨミ アマテラス ノ タンジョウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2002.5
ページ数 285p
大きさ 15cm
ISBN 4061595458
NCID BA56763430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20295989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想