法的判断とは何か

原島重義 著

[目次]

  • 序章 歴史の解放
  • 第2章 法的判断の日常的体験から
  • 第3章 わが国の法状態-最高裁判例を素材に
  • 第4章 戦後の法学方法論
  • 第5章 「法における擬制」と「反省的判断力」
  • 第6章 美学的判断力から目的論的判断力へ
  • 第7章 感性・悟性・判断力から「知性的直観」へ
  • 第8章 理論と実務をつなぐ実践的作業
  • 第9章 実用法「学」における「認識」と「判断」
  • 第10章 サヴィニーの法的判断論
  • 終章 視座の据え直し

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法的判断とは何か
著作者等 原島 重義
書名ヨミ ホウテキ ハンダン トワ ナニカ : ミンポウ ノ キソ リロン
書名別名 民法の基礎理論
出版元 創文社
刊行年月 2002.4
版表示 オンデマンド版
ページ数 306, 23p
大きさ 22cm
ISBN 4423731010
NCID BA56757460
BC10664752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20331956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想