経済法

根岸哲, 杉浦市郎 編

本書は、執筆者の構想するあるべき経済法を提示するのではなく、現実に法として機能している経済法を可能な限り客観的に明らかにするものであり、このような意味での経済法の標準的なテキストを目指している。したがって、現実に一般的に通用している見解に従い、制度説明や論点解釈を行っている。本書の中心をなす独禁法についていえば、条文に沿い、主として判決例と公取委の審決例や解釈運用基準によりつつ、実定法として機能している最新の内容を明らかにしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済法とは何か-経済法総論(経済法の歴史
  • 経済法の概念-独禁法の位置づけ ほか)
  • 第2章 独禁法(独禁法総論
  • 集中規制 ほか)
  • 第3章 競争政策の射程と限界(国際取引と独禁法
  • 独禁法の適用除外制度 ほか)
  • 第4章 国際経済法(GATT/WTOの概要
  • 通商法-公正貿易及び不公正貿易に対する救済に関する法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済法
著作者等 杉浦 市郎
根岸 哲
書名ヨミ ケイザイホウ
書名別名 Keizaiho
シリーズ名 NJ叢書
出版元 法律文化社
刊行年月 2002.5
版表示 第3版.
ページ数 328p
大きさ 22cm
ISBN 4589025728
NCID BA56733291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20279964
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想