味覚日乗

辰巳芳子 著

手を変え品を変えるのが料理ではない。季節の材料を選び、日々とどこおりなく、心をこめて作ることの大切さ。そして年中行事を商売の色にそめず、年ごと同じものを作りつづけることが、人の心に与えるやさしさ。春夏秋冬、季節ごとの恵み香り立つ料理随筆。現代に蔓延する「面倒くさい病」を防ぎ、日々のあたりまえの食事を手で生み出す呼吸を格調ある文章で綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春の章(行事によせて
  • 摘み草 ほか)
  • 夏の章(よく観ることで
  • さずかりもの ほか)
  • 秋の章(初秋のたのしみ
  • よすがとしての行事食 ほか)
  • 冬の章(牡蛎のこと
  • 慣れをいましめて ほか)
  • 調味料の章(調味料ということ
  • 味噌のこと ほか)
  • 対談の章 足立大進/辰巳芳子

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 味覚日乗
著作者等 辰巳 芳子
書名ヨミ ミカク ニチジョウ
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.5
ページ数 285p
大きさ 15cm
ISBN 4480037209
NCID BA56726864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20286965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想