グレン・グールドの生涯

オットー・フリードリック 著 ; 宮澤淳一 訳

13歳で音楽界に衝撃的なデビューを果たし、『ゴルトベルク変奏曲』で世界を魅了しながら、32歳で「コンサートは死んだ」と宣言して演奏会活動から引退し、スタジオに閉じこもった20世紀最大のピアニスト。謎と疑問につつまれた天才の生涯を、厖大な資料と関係者へのインタヴューを駆使して気鋭のジャーナリストが克明に綴るグレン・グールド評伝の決定版。コンサート記録や最新のディスコグラフィを完全網羅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遺産
  • 神童
  • 『ゴルトベルク変奏曲』
  • 演奏会活動の日々
  • 引退
  • 新しい生活
  • 古典派のレコード
  • 作曲家
  • 「北の理念」
  • テレビ・スター
  • ロマン派のレコード
  • 映画
  • 指揮者
  • 私生活
  • 最期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グレン・グールドの生涯
著作者等 Friedrich, Otto
宮沢 淳一
フリードリック オットー
書名ヨミ グレン グールド ノ ショウガイ
書名別名 Glenn Gould:a life and variations
出版元 青土社
刊行年月 2002.5
ページ数 554, 72p
大きさ 20cm
ISBN 4791759532
NCID BA56714300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20354392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想