家族史の展望

大日方純夫 編

これからの人間社会のあるべき方向を見定めるために、家族そのものに焦点を据えた研究が要請されている。本書は、日本史と隣接分野における古代から現代にわたる基礎的な論文をテーマ別に集大成するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 家族史の課題(日本古代家族研究の現状と課題-関口裕子・吉田孝・明石一紀説を中心に
  • 古代・中世の家族と親族
  • 中世イエ研究の軌跡と課題
  • 近世における家と村)
  • 2 家族史への提起(歴史人口学を通じてみた江戸時代
  • 日本近世農村の「家」経営体とジェンダー
  • 「近代家族」概念と日本近代の家族像
  • 「近代家族」への問いと女性史の課題)
  • 3 現代家族の展望(現代家族の「解体」と「再生」
  • 家族崩壊現象の歴史的=社会的要因-主として女子労働との関連において
  • 現代民主主義の再構成と家族の問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族史の展望
著作者等 中嶋 みさき
佐々木 潤之介
佐藤 和夫
大日方 純夫
明石 一紀
杉本 一樹
江守 五夫
牟田 和恵
米田 佐代子
速水 融
長野 ひろ子
飯沼 賢司
書名ヨミ カゾクシ ノ テンボウ
書名別名 Kazokushi no tenbo
シリーズ名 日本家族史論集 / 佐々木潤之介 ほか編 2
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.6
ページ数 356p
大きさ 22cm
ISBN 464201392X
NCID BA56707338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20282480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想