テキスト哲学

宇都宮芳明 著

本書は、大学の学生諸君が、一般教育科目の「哲学」を履修するためのテキストとして作成。哲学が成立した古代ギリシアのはじめから現代にいたるまでの哲学の歩みをたどるが、歴史的に著名な哲学者や哲学の流派に話を限定し、その中心思想とでも言うべきものを伝えることに重点を置いている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 哲学のはじまり
  • 自然の元をたずねる
  • ソクラテスと「魂の配慮」
  • プラトンとイデア
  • アリストテレスの人間観
  • エピクロスとストア派
  • 中世のキリスト教哲学
  • デカルトと「われ思う」
  • スピノザとライプニッツ
  • ロックとイギリス経験論
  • バークリとヒューム
  • カントの理論哲学
  • カントの実践哲学
  • ヘーゲルと弁証法
  • 功利主義と幸福
  • マルクスと唯物論
  • 実存主義と本来の自己
  • 現代哲学の状況

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テキスト哲学
著作者等 宇都宮 芳明
書名ヨミ テキスト テツガク
書名別名 Tekisuto tetsugaku
出版元 丸善プラネット : 丸善出版事業部
刊行年月 2002.3
ページ数 187p
大きさ 21cm
ISBN 4901689002
NCID BA56673509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20670887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想