西田哲学の「行為的直観」

竹内良知 著

著者は、西田哲学の今日的意義を「行為的直観」という概念をキイにして解明するという壮大な仕事に立ち向かった。著者は志なかばにして倒れたが、その思索の推移を編集部あての多くの手紙で率直に開陳した。本書は著者の遺稿とともに、その書簡を収録することで、西田哲学における「行為的直観」の位相と竹内良知氏の構想を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「行為的直観」の世界(西田哲学の「行為的直観」-「梯明秀著作集」に寄せて
  • 西田幾多郎-その思索の奇跡と独創性
  • 西田哲学における実践の概念について)
  • 2 田辺元と三木清の哲学(田辺元-「種の論理」から「菩薩道」へ
  • 三木清とマルクス主義
  • 三木清における親鸞の位置)
  • 3 絶対無の立場からのスピノザ批判(スピノザ哲学の独自性-ヘーゲルと西田幾多郎のスピノザ批判について)
  • 4 書簡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西田哲学の「行為的直観」
著作者等 竹内 良知
書名ヨミ ニシダ テツガク ノ コウイテキ チョッカン
書名別名 Nishida tetsugaku no koiteki chokkan
シリーズ名 人間選書 243
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2002.3
ページ数 257p
大きさ 19cm
ISBN 4540012614
NCID BA56663899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20269257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想