沖縄島嶼経済史 : 一二世紀から現在まで

松島泰勝 著

沖縄が歴史的・伝統的に生かしてきた「内発的発展論」と「海洋ネットワーク思想」の緻密な史的検証を通して、新世紀を迎えた今、基地依存、本土からの援助依存をのりこえて沖縄が展望すべき新たな道を提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アジア型世界秩序における島嶼経済の位置付け(一二世紀〜一八七九年)(海洋と島嶼
  • 中国型華夷秩序と琉球経済
  • 日本型華夷秩序と琉球
  • 琉球型華夷秩序の形成)
  • 第2章 近代国家日本の中の沖縄経済(一八七九〜一九四五年)(近代沖縄における島嶼経済問題
  • 近代沖縄社会の内発的発展
  • 近代沖縄における経済思想)
  • 第3章 米軍統治下の島嶼経済(一九四五〜一九七二年)(島嶼経済の問題とその解決策
  • 復帰前の沖縄軍事基地と島嶼経済
  • 米軍統治下における経済思想)
  • 第4章 日本本土復帰と島嶼経済(一九七二〜二〇〇〇年)(復帰後沖縄経済の構造
  • 本土復帰後における沖縄の経済思想
  • 二一世紀に向けた沖縄経済発展のための政策提言)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄島嶼経済史 : 一二世紀から現在まで
著作者等 松島 泰勝
書名ヨミ オキナワ トウショ ケイザイシ : ジュウニセイキ カラ ゲンザイ マデ
書名別名 Okinawa tosho keizaishi
出版元 藤原書店
刊行年月 2002.4
ページ数 458p
大きさ 22cm
ISBN 4894342812
NCID BA56650106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20285382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想