イギリス田園都市の社会学

西山八重子 著

田園都市論は、19世紀末、資本主義隆盛期のイギリスで生まれた都市論である。都市が貧困や社会問題を抱えたまま無秩序に膨張することを批判し、人間の知恵によって都市を創造すべきであることを提案した。田園都市論がいまなお都市計画や都市社会論として魅力をもちつづけ、多くの人を引きつけるのは、都市問題を捉える視点に普遍的な原理をもっているからであろう。われわれが都市問題を検討しようとするとき、田園都市論の理念や視点から得るものは多い。本書では、田園都市論を現代に生きつづけるイギリスの都市文化の一つとして捉え、現代都市再生のためのヒントを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 田園都市論と現代社会
  • 第1章 田園都市とはなにか-社会改革のための実験都市
  • 第2章 田園都市論の思想的系譜
  • 第3章 レッチワース田園都市の誕生と「第三の領域」の確立
  • 第4章 国家のニュー・タウン政策と田園都市の理念
  • 第5章 再出発にかけるレッチワース田園都市
  • 第6章 現代都市と田園都市の理念
  • 終章 田園都市論とイギリスの都市社会学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス田園都市の社会学
著作者等 西山 八重子
書名ヨミ イギリス デンエン トシ ノ シャカイガク
書名別名 Igirisu den'en toshi no shakaigaku
シリーズ名 Minerva社会学叢書 17
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2002.4
ページ数 216p
大きさ 22cm
ISBN 4623036103
NCID BA56642684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20272581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想