デカルトにおける<比例>思想の研究

名須川学 著

処女作『音楽提要』に萠し、30年間の思索を貫いて展開する比例論を精緻に追跡し、ついに魂と肉体との"解け合わされぬ一致"に世界の秩序を見出すデカルトの思惟の動態を象る、力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 伝統との対決(悲劇の快
  • 隠れた質(qualitas occulta)
  • ハルモニア)
  • 第2部 均衡と意志(比例から均衡へ
  • 緊張(intensio)
  • 注意(attentio))
  • 第3部 人間の根拠(普遍数学の射程
  • 世界という書物
  • 道徳のゆくえ)
  • 結論 デカルト的人間学-あるいはムーシカ・フーマーナ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デカルトにおける<比例>思想の研究
著作者等 名須川 学
書名ヨミ デカルト ニ オケル ヒレイ シソウ ノ ケンキュウ
出版元 哲学書房
刊行年月 2002.2
ページ数 518p
大きさ 22cm
ISBN 4886790771
NCID BA5664123X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20329289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想