なぜ「丘」をうたう歌謡曲がたくさんつくられてきたのか : 戦後歌謡と社会

村瀬学 著

歴史感覚から歌詞を読み解く、類例なき戦後歌謡通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「丘」からの出発
  • 第2章 終戦から一九五〇年代-「丘」から「峠」へ
  • 第3章 一九六〇年代-「丘」から「夕陽」へ
  • 第4章 一九七〇年代-「独りよがり」の時代へ
  • 第5章 一九八〇年代-「ワル」のふりをして
  • 第6章 一九九〇年代-「激励」と「感謝」と

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ「丘」をうたう歌謡曲がたくさんつくられてきたのか : 戦後歌謡と社会
著作者等 村瀬 学
書名ヨミ ナゼ オカ オ ウタウ カヨウキョク ガ タクサン ツクラレテキタノカ : センゴ カヨウ ト シャカイ
書名別名 Naze oka o utau kayokyoku ga takusan tsukuraretekitanoka
出版元 春秋社
刊行年月 2002.3
ページ数 244, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4393332172
NCID BA56637899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20262627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想