明治生まれの日本語

飛田良文 著

本書は、現代の日常語のなかから、明治時代に生まれたことばの造語過程を、膨大な文献の用例から立証していく。従来、伝承的に語られてきたこの分野に"辞典の泰斗"がするどく切り込んだ一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文明開化が生んだ日本語(東京
  • 電報
  • 年賀状 ほか)
  • 第2章 新しい家族をつくった日本語(彼女
  • 印象
  • 恋愛 ほか)
  • 第3章 庶民の造語、知識人の造語(ちゃう
  • ぽち
  • より… ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治生まれの日本語
著作者等 飛田 良文
書名ヨミ メイジ ウマレ ノ ニホンゴ
書名別名 Meiji umare no nihongo
シリーズ名 知の蔵書21
出版元 淡交社
刊行年月 2002.5
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 4473019098
NCID BA56605327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20275200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想