<アイヌ>学の誕生 : 金田一と知里と

丸山隆司 著

アイヌという"他者"、アイヌの"他者"である日本人。いかにかかわり、どのような表象を繰り返してきたか、を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 "アイヌ"学の誕生-金田一と知里と(金田一京助
  • 知里幸恵編著『アイヌ神謡集』
  • 知里真志保)
  • 第2部 "他者"をめぐる言説("アイヌ絵"の言説
  • "他者"の文学
  • "他者"の言語-知里幸恵『アイヌ神謡集』"序"文をめぐって)
  • 第3部 "北海道"という場所("風景"の経歴
  • 批評の消去-志賀直哉「網走まで」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <アイヌ>学の誕生 : 金田一と知里と
著作者等 丸山 隆司
書名ヨミ アイヌガク ノ タンジョウ : キンダイチ ト チリ ト
書名別名 Ainugaku no tanjo
出版元 彩流社
刊行年月 2002.3
ページ数 309, 11p
大きさ 22cm
ISBN 4882027356
NCID BA56585219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20269707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想