説得と影響 : 交渉のための社会心理学

榊博文 著

仕事、恋愛に役立つ身近な交渉術から、宗教カルト、悪徳商法の巧みな洗脳テクニックまで、こころを変えさせるあらゆる説得技法を解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「態度」「説得」「影響」
  • 説得によらない影響力
  • 説得のための環境づくり
  • 効果的な説得者-送り手の要因
  • 議論の構成と呈示方法-従来から知られているテクニック
  • 議論の構成と呈示方法-筆者らが発見・命名したテクニック
  • 説得されやすい人々-受け手の要因
  • 説得への抵抗
  • 組織
  • 普及
  • マスコミ報道の影響

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 説得と影響 : 交渉のための社会心理学
著作者等 榊 博文
書名ヨミ セットク ト エイキョウ : コウショウ ノ タメノ シャカイ シンリガク
出版元 ブレーン
刊行年月 2002.5
ページ数 521p
大きさ 22cm
ISBN 4892426865
NCID BA56581819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20343042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想