環境先進的社会とは何か : ドイツの環境思想と環境政策を事例に

平子義雄 著

「環境先進的社会」とはいかなる社会か。ドイツはなぜ「環境先進国」とよばれるのか。ドイツ人の自然観・科学技術観を歴史的にたどって、国家・自治体・民間でどのような環境政策・環境運動がなされてきたかをさぐり、それを事例に、環境先進的な取り組みについて考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自然観と科学・技術論(ドイツ人の自然観
  • 詩と哲学に見る自然と技術
  • 科学論と技術論
  • 新しい知)
  • 第2部 環境政策の歩み(プロイセン以降の環境立法
  • ドイツ連邦共和国の環境政策
  • 市民運動、地方自治体および企業の取り組み)
  • 第3部 環境先進的社会へ向けて(「環境先進国」とは
  • 環境哲学の構築)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境先進的社会とは何か : ドイツの環境思想と環境政策を事例に
著作者等 平子 義雄
書名ヨミ カンキョウ センシンテキ シャカイ トワ ナニカ : ドイツ ノ カンキョウ シソウ ト カンキョウ セイサク オ ジレイ ニ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2002.5
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 479070937X
NCID BA56577797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20341614
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想