素粒子物理入門 : 基本概念から最先端まで

渡邊靖志 著

初学者のために、数式をほとんど用いずに、素粒子の基礎から最先端の理論・実験までを、わかりやすく解説した入門書。初めに素粒子とは何かを概説し、第2の部分で「標準理論」がいかに確立され、どのように理解できるか、さらにその限界について解説する。最後に標準理論を超えようとする現在の理論・実験の取組みについて述べる。付録では本文の説明に関連した数式による簡潔な解説を与えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 粒子と場
  • 素粒子の性質と種類
  • 粒子の安定性と保存則
  • ミクロの世界を探る手段
  • 新粒子の発見とクォーク模型
  • 量子電磁力学
  • 量子色力学
  • 弱い力
  • 電弱理論の枠組み
  • 質量を与えるヒッグス機構
  • 標準理論の光と影
  • 標準理論を超えて-大統一理論と超対照性
  • ミクロとマクロ(宇宙との関連)
  • 理論最前線
  • 実験最前線

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 素粒子物理入門 : 基本概念から最先端まで
著作者等 渡邊 靖志
渡辺 靖志
書名ヨミ ソリュウシ ブツリ ニュウモン : キホン ガイネン カラ サイセンタン マデ
書名別名 Soryushi butsuri nyumon
シリーズ名 新物理学シリーズ 33
出版元 培風館
刊行年月 2002.4
ページ数 239p
大きさ 22cm
ISBN 4563024333
NCID BA56574085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20272587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想