マルチラテラル民法

池田真朗 ほか著

あの好評連載(法学教室)がついに単行本化。多角的に重要論点を分析。立体的・横断的に民法がわかる。各種試験準備にも最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 詐欺・錯誤と契約締結における情報提供義務-消費者取引における不当勧誘からの救済
  • 準法律行為
  • 消滅時効と除斥期間
  • 団体法理・共有法理・契約法理
  • 対抗要件と権利保護要件・権利行使要件
  • 占有の意義と機能
  • 建築物の所有権の帰属
  • 代償請求権と物上代位
  • 動産売買先取特権と所有権留保・譲渡担保
  • 転抵当と被担保債権の譲渡・質入れの競合〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルチラテラル民法
著作者等 吉村 良一
松本 恒雄
池田 真朗
高橋 真
書名ヨミ マルチラテラル ミンポウ
書名別名 Maruchirateraru minpo
出版元 有斐閣
刊行年月 2002.4
ページ数 432, 13p
大きさ 22cm
ISBN 4641132925
NCID BA5655582X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20275616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想