数学が好きになる七つの話

船山良三 著

[目次]

  • 第1章 掛け算「九九」の古今東西
  • 第2章 人は面積・体積にどう対処してきたか
  • 第3章 「負数」が認知されるまでの曲折
  • 第4章 「放物線」のわかり方の変せん
  • 第5章 「確率」が数学になる前
  • 第6章 「サイン」「コサイン」はどこで生まれ、どう育ったか
  • 第7章 実用化されている身近な曲線

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学が好きになる七つの話
著作者等 船山 良三
書名ヨミ スウガク ガ スキニナル ナナツ ノ ハナシ
出版元 実教
刊行年月 2002.4
ページ数 287p
大きさ 20cm
ISBN 440702819X
NCID BA56521191
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20266494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想