遊びの哲学 : エゴイズムと無我の協奏

小島隆司 著

縁起・運命論、ニヒリズム・エゴイズム論、悟り、苦および欲望、死と生、遊び、それに現社会について論じた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 怨歌の旋律
  • 第1章 主体的運命論
  • 第2章 ニヒリズムからエゴイズムへ
  • 第3章 悟りの可能性と無意味性
  • 第4章 苦と欲望
  • 第5章 犬死の美学
  • 第6章 遊びの世界
  • 第7章 雑兵の私語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遊びの哲学 : エゴイズムと無我の協奏
著作者等 小島 隆司
書名ヨミ アソビ ノ テツガク : エゴイズム ト ムガ ノ キョウソウ
書名別名 Asobi no tetsugaku
出版元 メトロポリタン : 星雲社
刊行年月 2002.3
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4434017748
NCID BA56510402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20256910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想