「日本百名山」の背景 : 深田久弥・二つの愛

安宅夏夫 著

「日本百名山」の作家・深田久弥(一九〇三〜七一)の愛と創作の秘話。なぜ深田は初期の瑞々しい小説世界から離れ、山の作家へと転身したのか。その秘密を解く鍵は二人の女性にあった。ひとりは、「改造」編集者時代に懸賞小説に応募してきたことをきっかけに結婚し、「共同作業」で作品を紡ぎ出していった北畠八穂。もうひとりは、思いがけず再会し、忍ぶ恋から二度目の結婚にいたる一高時代の初恋の女性・木庭志げ子。戦前・戦後の文壇状況のなかに作家の創作経緯を検証し、真実に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 運命の見えない手
  • 第2章 人生はトンボ返り
  • 第3章 賽子は振られた
  • 第4章 火宅の人
  • 第5章 故郷の山々に抱かれて
  • 第6章 残された唯一の道
  • 第7章 山の文学者・誕生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「日本百名山」の背景 : 深田久弥・二つの愛
著作者等 安宅 夏夫
書名ヨミ ニホン ヒャクメイザン ノ ハイケイ : フカダ キュウヤ フタツ ノ アイ
書名別名 Nihon hyakumeizan no haikei
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2002.4
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4087201368
NCID BA56498839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20311212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想