『青鞜』という場 : 文学・ジェンダー・<新しい女>

飯田祐子 編

「女」が書くとは。『青鞜』に集まった女性たちはそれぞれ異なった立場と書き手としての欲望をもっていた。『青鞜』の文化的配置と不定形性・逸脱性・不整合性を孕んだ複雑な性格を考察し近代における「文学」とジェンダーとの関係を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「女」が書くこと(文におけるジェンダー闘争-『青鞜』創刊号の三つのテクスト分析を中心に
  • "語りにくさ"と読まれること-杉本正生の「小説」)
  • 2 "新しい女"再考("新しい女"に見る表象=代表の政治学-近代劇をめぐる書く女と演じる女の
  • 詩と絵画に見る『青鞜』の女性像-「青」のメタファー
  • 民族と女性、ゆらぐ"新しい女"-植民地朝鮮における雑誌『新女子』を中心に)
  • 3 『青鞜』の位置(差異化と連帯感-『青鞜』が見せた新しい関係性
  • "女教師"という想像力-『青鞜』を醸成する"ローカル・インテリ")

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『青鞜』という場 : 文学・ジェンダー・<新しい女>
著作者等 飯田 祐子
書名ヨミ セイトウ ト イウ バ : ブンガク ジェンダー アタラシイ オンナ
シリーズ名 青鞜 (雑誌) 8
叢書・文化学の越境 8
出版元 森話社
刊行年月 2002.4
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4916087267
NCID BA56486217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20282055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想