正義論/自由論 : 寛容の時代へ

土屋恵一郎 著

ロールズ『正義論』をわかりやすく紹介し、ロックやJ.S.ミルの政治哲学とからめながら、国家、民族、文化が錯綜する現代社会の自由と寛容を考察する。不平等問題、宗教、同性愛、任娠中絶などの具体例を挙げて個よりも共同体を優先する共同体主義と対決し、さまざまな個人の自由の成立を論じる「多様性の倫理学」の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 リベラリズムの政治哲学(ユートピア論的な開始
  • 正義のシステム
  • 現代批判としての正義論
  • 共同体論を超えて
  • 宗教とリベラリズム
  • セックスとリベラリズム
  • 国際関係とロールズの正義論)
  • 2 寛容の時代へ(近代の不寛容
  • 「他者」の学習
  • 多様性の倫理学
  • 「受胎告知」の政治学
  • 寛容の時代へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正義論/自由論 : 寛容の時代へ
著作者等 土屋 恵一郎
書名ヨミ セイギロン ジユウロン : カンヨウ ノ ジダイ エ
書名別名 Seigiron jiyuron
シリーズ名 岩波現代文庫 : 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.4
ページ数 304p
大きさ 15cm
ISBN 4006030592
NCID BA56470385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20295929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想