思想史のなかの科学

伊東俊太郎, 広重徹, 村上陽一郎 著

科学はどこから来てどこへ行くのか。古代から現代に至る相関図を平易に説いた高校生からの必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「科学革命」以前の科学
  • 科学革命
  • 近代的生命観の形成
  • 原子論の系譜
  • 啓蒙主義の時代
  • 一九世紀の諸様相
  • 科学の新しい動き
  • 進化思想の展開
  • 二〇世紀の科学
  • アプリオリズムの克服
  • 新しい物理学
  • 自然科学を中心とする学問の再編
  • 現代文明と科学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想史のなかの科学
著作者等 伊東 俊太郎
広重 徹
村上 陽一郎
書名ヨミ シソウシ ノ ナカ ノ カガク
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2002.4
版表示 改訂新版.
ページ数 366p
大きさ 16cm
ISBN 4582764304
NCID BA56454797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20296066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想