源氏物語の思考

高木和子 著

[目次]

  • 第1部 思考としてのことば(物語の「世」について
  • 古代語「人」考 ほか)
  • 第2部 成立論を越えて(空蝉巻の巻末歌
  • 『源氏物語』と『伊勢物語』の生成の論理 ほか)
  • 第3部 光源氏論(光源氏物語の二つの発端-古代語「名」をてがかりに
  • 光源氏の「癖」 ほか)
  • 第4部 交渉する源氏物語(『源氏物語』における継子譚の位相
  • 結婚制度と『源氏物語』の論理-光源氏と紫の上の関係の独自性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語の思考
著作者等 高木 和子
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ノ シコウ
シリーズ名 源氏物語
出版元 風間書房
刊行年月 2002.3
ページ数 416, 19p
大きさ 22cm
ISBN 4759913033
NCID BA56447907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20281610
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想