戦争の世界史 : 技術と軍隊と社会

ウィリアム・H.マクニール 著 ; 高橋均 訳

本書は、過去の諸時代がいかにして軍事力の強化を追求してきたかを回顧し、技術と、軍隊組織と、社会との三者間の均衡がどのように変遷してきたかを分析することである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代および中世初期の戦争と社会
  • 第2章 中国優位の時代一〇〇〇〜一五〇〇年
  • 第3章 ヨーロッパにおける戦争というビジネス一〇〇〇〜一六〇〇年
  • 第4章 ヨーロッパの戦争のアートの進歩一六〇〇〜一七五〇年
  • 第5章 ヨーロッパにおける官僚化した暴力は試練のときをむかえる一七〇〇〜八九年
  • 第6章 フランス政治革命とイギリス産業革命が軍事におよぼした影響一七八九〜一八四〇年
  • 第7章 戦争の産業化の始まり一八四〇〜八四年
  • 第8章 軍事・産業間の相互作用の強化一八八四〜一九一四年
  • 第9章 二十世紀の二つの世界大戦
  • 第10章 一九四五年以来の軍備競争と指令経済の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争の世界史 : 技術と軍隊と社会
著作者等 McNeill, William Hardy
高橋 均
McNeil William H.
マクニール ウィリアム・H.
書名ヨミ センソウ ノ セカイシ : ギジュツ ト グンタイ ト シャカイ
書名別名 The pursuit of power

Senso no sekaishi
出版元 刀水書房
刊行年月 2002.4
ページ数 565p
大きさ 22cm
ISBN 4887082711
NCID BA56443473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20272426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想