私説東京繁昌記

小林信彦, 荒木経惟 著

高度成長の頃、東京中で建設ラッシュという名の町殺しが行われた。その後東京はどんな町になったのだろう。日本橋に生まれ育ち、青山・六本木で青春を過ごした著者が、東京オリンピックを境に急激に変貌を遂げた東京の姿を描いた"極私的東京史"。町歩きには、アラーキーこと荒木経惟氏が同行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 山の手と下町の距離
  • 赤坂・青山
  • 原宿・表参道
  • 六本木界隈
  • 四谷三丁目付近
  • 新宿タイムトンネル
  • 銀座・佃島
  • 渋谷・代官山
  • 池袋・神楽坂
  • 浅草・谷中
  • 大川端・人形町
  • 八年ののち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私説東京繁昌記
著作者等 小林 信彦
荒木 経惟
書名ヨミ シセツ トウキョウ ハンジョウキ
書名別名 Shisetsu tokyo hanjoki
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.4
ページ数 359p
大きさ 15cm
ISBN 4480037225
NCID BA56441263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20296048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想