情報基盤としての図書館

根本彰 著

これからの図書館は情報ストックを基にしたサービスを展開すべきである。従来の貸出重視方針を転換し、図書館の構造改革をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 図書館政策をどうつくるか(今なぜ図書館か
  • 公共図書館とは何か
  • 情報基盤としての公共図書館)
  • 2 アメリカの図書館に学ぶ(日米の公共図書館の相違-アナーバー公共図書館
  • 公共図書館のサービス戦略-ボルチモア・カウンティ公共図書館)
  • 付論 図書館を理解するための本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報基盤としての図書館
著作者等 根本 彰
書名ヨミ ジョウホウ キバン ト シテノ トショカン
書名別名 Joho kiban to shiteno toshokan
出版元 勁草書房
刊行年月 2002.4
ページ数 255, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4326050152
NCID BA56427182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20271993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想