植物工学の基礎

長田敏行 編

今日ほど植物工学の発展が期待されている時代はない。人口増加が急激に進み、それを支える食糧の確保が不可欠になっているからである。これまで、人類が営々と築いてきた伝統的な植物栽培技術、すなわち従来の「農業」では支えきれなくなっている。どのような手段でそれが可能かというと、最近の進歩の著しい細胞工学、遺伝子工学により、細胞レベルで遺伝的な修飾を行い、それを植物個体に導入し、さらに従来の農業手法と組合わせることである。植物の場合、伝統的な手法と先端的な手法との結合が細胞工学を通じて可能になっているからである。これらの基礎となる新手法の現状とそこからどのような展開が可能であるかという将来の展望について述べるのが本書の趣旨である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ニューバイオテクノロジーとオールドバイオテクノロジー
  • 2章 植物工学の基礎と特徴
  • 3章 耐病性および耐虫性植物の原理と応用
  • 4章 ストレス耐性植物の原理と応用
  • 5章 モデル植物としてのシロイヌナズナ
  • 6章 イネゲノムプロジェクト
  • 7章 植物工学の未来像:期待と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植物工学の基礎
著作者等 塚谷 裕一
渡辺 雄一郎
西田 生郎
長田 敏行
書名ヨミ ショクブツ コウガク ノ キソ
シリーズ名 応用生命科学シリーズ 4
出版元 東京化学同人
刊行年月 2002.4
ページ数 208p
大きさ 21cm
ISBN 4807914235
NCID BA56426135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20269809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想