時空の力学 : 一般相対論の物理

細谷暁夫 著

高速で運動する物体が縮んで見え、日常の感覚では変化するとは思えない時間・空間が、まるでゴム膜のようにダイナミックに変形する。常識と相容れないようにみえるこの相対性理論も建設から100年を経て現在では科学の中にしっかりとした位置を占めている。理系的教養としての相対論をアインシュタインの思索をたどり、現代的な話題もおりまぜながら解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 特殊相対性理論
  • 2 特殊相対論から一般相対論へ-アインシュタインの孤独な闘い
  • 3 リーマン幾何学との出会い
  • 4 遅い粒子の弱い重力場における運動
  • 5 シュバルツシルド時空
  • 6 曲がった時空
  • 7 アインシュタイン方程式
  • 8 ブラックホール
  • 9 量子力学との折り合い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時空の力学 : 一般相対論の物理
著作者等 細谷 暁夫
書名ヨミ ジクウ ノ リキガク : イッパン ソウタイロン ノ ブツリ
書名別名 Jiku no rikigaku
シリーズ名 素粒子と時空 4
岩波講座物理の世界 / 佐藤文隆 ほか編 4
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.4
ページ数 80p
大きさ 20cm
ISBN 4000111442
NCID BA56416936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20279000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想