経済学 : 新しい教養のすすめ

三土修平, 大西広 編

まずは成立期の経済学としての古典派経済学とその発展としての一般均衡理論。そしてこれらの批判者として登場したケインズ経済学と歴史的視野から資本主義を見る必要を説いたマルクス経済学。さらに本書ではゲーム理論などさらに新しい二つの経済学の潮流にも注目し、章として掲げた。これらによって読者は最新の経済学までを鳥瞰しつつ、その基本的なものの考え方を知ることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済学のはじまり
  • 第2章 経済学の発展
  • 第3章 マルクスの経済学
  • 第4章 ケインズの経済学
  • 第5章 純化する近代経済学
  • 第6章 駆け引きの場としての経済-ゲーム理論の可能性
  • 第7章 これからの経済学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学 : 新しい教養のすすめ
著作者等 三土 修平
大西 広
書名ヨミ ケイザイガク : アタラシイ キョウヨウ ノ ススメ
出版元 昭和堂
刊行年月 2002.4
ページ数 180p
大きさ 19cm
ISBN 4812202132
NCID BA5640305X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20271930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想