境界を超えて : 東アジアの周縁から

中見立夫 編

知って考えようアジアのこと。東アジアの周縁で交錯する地域・民族・文化の多様な姿を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「地域」「民族」という万華鏡、「周縁」「辺境」と呼ばれる仮想空間
  • 第1章 東北アジアと東アジアの境界-サンクト・ペテルブルグのサハリンアイヌ民族資料に寄せて
  • 第2章 中央アジアと東アジアの境界-中央アジアからみた中華世界
  • 第3章 南アジアと東アジア・中央アジアの境界-ネパールの事例を中心に
  • 第4章 東南アジアと東アジアの境界-タイ文化圏の歴史から
  • 終章 辺境学からみた地域・民族・国家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 境界を超えて : 東アジアの周縁から
著作者等 Daniels, Christian
中見 立夫
名和 克郎
毛里 和子
浜田 正美
荻原 眞子
書名ヨミ キョウカイ オ コエテ : ヒガシアジア ノ シュウエン カラ
書名別名 Kyokai o koete
シリーズ名 アジア理解講座 1
出版元 山川出版社
刊行年月 2002.3
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 4634474107
NCID BA56399145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20269255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想