高次神経機能障害の臨床はここまで変わった

宇野彰, 波多野和夫 編

本書は高次神経機能障害に関して、現場で活躍する第一線の研究者が、現時点での最先端の考え方やリハビリテーションの手法をコンパクトにまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語情報処理の考え方から失語症を捉えなおす-障害メカニズムと訓練法
  • 第2章 痴呆とそのリハビリテーションはここまで変わった
  • 第3章 ヒトの地理感覚機能の新しい理解-街並の記憶と道順の記憶
  • 第4章 記憶障害と健忘症のリハビリテーションはここまで変わった
  • 第5章 半側空間無視とそのリハビリテーションはここまで変わった
  • 第6章 ここまで来た認知神経心理学
  • 第7章 発達神経心理学とそのリハビリテーションはここまで変わった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高次神経機能障害の臨床はここまで変わった
著作者等 宇野 彰
波多野 和夫
書名ヨミ コウジ シンケイ キノウ ショウガイ ノ リンショウ ワ ココマデ カワッタ
出版元 医学書院
刊行年月 2002.3
ページ数 166p
大きさ 21cm
ISBN 4260118684
NCID BA56384851
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20288981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想