桜桃とキリスト : もう一つの太宰治伝

長部日出雄 著

妻・美知子が作品に果たした役割、キリスト教の深い影響、「井伏悪人説」の真相とは…。驚きと衝撃に満ちた、著者入魂の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出会い
  • アリアドネの糸
  • 恋文
  • 出発
  • 新しい生活
  • 最初の読者
  • 変身
  • 生きたキリスト
  • 「美談」の韻律
  • 地上の国と天上の国
  • Last one
  • 銃後の覚悟
  • 最高の喜劇作者
  • 桜桃のかなしみ
  • 最後の逆説
  • 地上の別れ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桜桃とキリスト : もう一つの太宰治伝
著作者等 長部 日出雄
書名ヨミ オウトウ ト キリスト : モウ ヒトツ ノ ダザイ オサム デン
書名別名 Oto to kirisuto
出版元 文藝春秋
刊行年月 2002.3
ページ数 535p
大きさ 20cm
ISBN 4163205306
NCID BA56381332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20262646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想