挑発する肉体

ハンス・ペーター・デュル [著] ; 藤代幸一, 津山拓也 訳

乳房の挑発する力と、それが生み出すはじらいの歴史を追って、「文明化の理論」を覆す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 失われた模範。文明化理論に対する理論的所見
  • ヴィクトリア朝時代の人びととデコルテ
  • 自由、平等、軽簿
  • 一七世紀における「腹立たしくも破廉恥な乳房の露出」
  • 処女王
  • 中世末期の「覆われざる乳房」
  • 中世に「トップレス」のモードはあったか?
  • 「胸から飛び出した乳房」
  • 中世における胸に対する恥じらい
  • 「…乳房を弄びたい」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 挑発する肉体
著作者等 Duerr, Hans Peter
津山 拓也
藤代 幸一
デュル ハンス・ペーター
書名ヨミ チョウハツスル ニクタイ
書名別名 Der erotische Leib

Chohatsusuru nikutai
シリーズ名 文明化の過程の神話 4
叢書・ウニベルシタス 4
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2002.4
ページ数 598, 93p
大きさ 20cm
ISBN 4588007335
NCID BA56358115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20289308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想