水の生活誌

印南敏秀 著

江川。中国山地と日本海を結ぶ大動脈、川の道。川船乗りの生活舞台。その川の道・江川の終焉の頃。山の姿に位置を確かめ、水の表情を読みながら、フチ・セ・ノロを漕ぎ下り、曳いて上った、下流域、桜江町の谷筋の船頭衆の生活誌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平田和太郎翁の語り(和太郎翁の川の世界(船頭
  • 川漁)
  • 和太郎翁の山の世界
  • 和太郎翁の里の世界
  • 和太郎翁の知恵をたどる)
  • 同時代に生きた人々(江川船頭大屋甚四郎翁
  • キダシ木村米吉翁)
  • 共同調査から(水と生活文化の発見)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水の生活誌
著作者等 印南 敏秀
書名ヨミ ミズ ノ セイカツシ
シリーズ名 愛知大学文學会叢書 7
出版元 八坂書房
刊行年月 2002.3
ページ数 361, 11p
大きさ 22cm
ISBN 4896944909
NCID BA56343945
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20356171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想