自然と人間の経済学 : 共存と進化と同化

高瀬浄 著

開発を強要する時代は終わった-「人間と技術と自然」の新たな対話を模索し、テクノ・アミニズム時代の到来を示唆する大胆な提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二一世紀バージョンとしてのルネサンス-転換期における人間の問題
  • 情報革命と生活世界-問われる人間のアリバイ
  • 変貌する都市空間と生活空間-「浪費なき発展」への転換
  • 持続可能な社会経済発展-循環型経済社会へのダイナミズム
  • 自然生態系とアメニティ-"隠れた思考"の再認識
  • 日本の自然と森の構造-日欧社会構造の比較分析
  • 森林資源と自然環境の保全-追われる自然・招かれる自然
  • 揺れる人の座と問われる森の座-問われる人間と森の生態系
  • 風土と自然の原風景-私たちの母なる台地
  • 自然界の豊饒と匂いへの魅惑-人はなぜ匂いに拘りを持つのか
  • 地球生命体と人間圏との共生
  • 「共生」について-地域公共空間の思潮と共生の哲学
  • サスティナブル・コミュニティとネガティブ・パラダイム-二一世紀バージョンとしての棚田見直し論
  • 二一世紀バージョンとネガティブ・パラダイム-人間にとっての素朴の意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然と人間の経済学 : 共存と進化と同化
著作者等 高瀬 浄
書名ヨミ シゼン ト ニンゲン ノ ケイザイガク : キョウソン ト シンカ ト ドウカ
出版元 論創社
刊行年月 2002.4
ページ数 445p
大きさ 20cm
ISBN 484600239X
NCID BA56342909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20269472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想