なぜ、「あれ」が思い出せなくなるのか : 記憶と脳の7つの謎

ダニエル・L.シャクター 著 ; 春日井晶子 訳

日々の暮らしのなかでの物忘れや度忘れからアルツハイマー病、デジャ=ヴュ、さらには「固有名詞失語症」まで-。記憶研究の第一人者が、心理学、脳神経科学、生物学などの最新実験データを駆使して、記憶と脳にまつわる七つの不思議をやさしく解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 記憶は「神さまのお恵み」か
  • 第1章 なぜ、ずっと覚えていられないのか(物忘れ)
  • 第2章 忘れっぽい人の研究(不注意)
  • 第3章 あの人の名前が思い出せない(妨害)
  • 第4章 デジャ=ヴュから無意識の盗作まで(混乱)
  • 第5章 偽の記憶の誕生(暗示されやすさ)
  • 第6章 都合がいい記憶、都合が悪い記憶(書き換え)
  • 第7章 嫌な出来事が忘れられない(つきまとう記憶)
  • 第8章 七つのエラーの正体を探る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ、「あれ」が思い出せなくなるのか : 記憶と脳の7つの謎
著作者等 Schacter, Daniel L
春日井 晶子
シャクター ダニエル・L.
書名ヨミ ナゼ アレ ガ オモイダセナクナルノカ : キオク ト ノウ ノ 7ツ ノ ナゾ
書名別名 The seven sins of memory

Naze are ga omoidasenakunarunoka
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2002.4
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 453216415X
NCID BA56340539
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20266794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想