人工格子入門 : 新材料創製のための

新庄輝也 著

人工格子は自然には存在しない新物質であり、膨大な種類の人工格子の可能性が存在するものの、これまでに踏査された領域はごくわずかである。GMRの出現によって焦点が当てられた部分には綿密な調査が行われているが、全体から見れば人工格子のごく一部が開拓されたに過ぎず、依然として未調査物質の宝庫であることには変わりはない。今後、基礎研究のモデル物質を設計したり、なんらかの新機能の発現を期待して物質開発を目指すとき、未知の可能性に期待してしばしば人工格子が見直されるものと予想される。現時点は、機能性材料としての人工格子研究が次の展開の方向を模索する時期にきている。これまでの研究を振り返るとともに、今後の発展の可能性を検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 薄膜から人工格子へ(新物質としての人工格子
  • 人工格子研究の意義)
  • 2 人工格子の作製と構造評価(人工格子の作製法
  • 人工格子の構造の分類 ほか)
  • 3 人工格子の特性(磁気的性質
  • 超伝導 ほか)
  • 4 巨大磁気抵抗効果(GMR)(Fe/Cr人工格子におけるGMR
  • 結合型GMRと層間結合 ほか)
  • 5 GMRに関連するトピックス(GMR効果のバリエーション
  • GMR測定のGeometry ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人工格子入門 : 新材料創製のための
著作者等 新庄 輝也
書名ヨミ ジンコウ コウシ ニュウモン : シンザイリョウ ソウセイ ノ タメノ
書名別名 Jinko koshi nyumon
シリーズ名 材料学シリーズ / 堂山昌男, 小川恵一, 北田正弘 監修
出版元 内田老鶴圃
刊行年月 2002.3
ページ数 146p
大きさ 21cm
ISBN 4753656160
NCID BA56326516
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20256943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想