西洋精神史における言語観の諸相

中川純男 編

[目次]

  • 存在と言語-存在文の意味論
  • 自然言語の二つの基本構文-コピュラ文と存在文の意味をめぐって
  • Language Design in Generative Grammar-How Minimalist Ideas Came Into Focus
  • ホメーロスの言葉と詩人たちの解釈
  • コンタンティノス・シモニディスの「イーリアス」写本をめぐる諸問題1-Thomas Phillipps MS 138771
  • 認識とことば-アウグスティヌスにおけることばの概念
  • 政治的表象としての言語-ヨーロッパ中世文献学から見た言語観
  • 抒情詩のことばとジャンル-中英語宗教抒情詩写本のコンテクストに関する考察
  • 言語と超越-西欧精神史を縦断しつつ
  • アラビア語版『ギリシアの賢者の言葉』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋精神史における言語観の諸相
著作者等 中川 純男
北原 久嗣
西山 佑司
西村 太良
高橋 通男
飯田 隆
書名ヨミ セイヨウ セイシンシ ニ オケル ゲンゴカン ノ ショソウ
書名別名 Seiyo seishinshi ni okeru gengokan no shoso
出版元 慶應義塾大学言語文化研究所 : 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2002.3
ページ数 225p
大きさ 21cm
ISBN 4766409167
NCID BA56319634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20344274
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想