体育授業の心理学

市村操一 ほか編

現代の子どもたちに対して、学校体育ができることは何か。「授業」で、私たちは何ができるのか。そして、子どもや教師の心理に関わるべきはずの「体育心理学」は、体育の授業に対してどのように関わることができるのか。このような問いに答えるために、数十名の研究者・実践者が執筆に参加して生まれたのが本書である。体育心理学が授業にどう貢献できるのかについての解説をはじめ、やる気を引きだす動機づけのしかた、学習効果を高める助言のしかた、有能感を高める指導など、実践に役立つ理論をわかりやすく説明している。また、心理学的視点を取り入れた各種目の指導実践例も豊富に紹介している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 体育・保健体育科教育のねらいと心理学
  • 第1章 運動との関わりを深める教師の働きかけ
  • 第2章 心を育てる体育学習
  • 第3章 「生きる力」と体育学習
  • 第4章 学習効果を高める集団のあり方
  • 第5章 心理学的視点を取り入れた指導実践

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体育授業の心理学
著作者等 市村 操一
松田 泰定
賀川 昌明
阪田 尚彦
書名ヨミ タイイク ジュギョウ ノ シンリガク
書名別名 Taiiku jugyo no shinrigaku
出版元 大修館書店
刊行年月 2002.3
ページ数 334p
大きさ 21cm
ISBN 4469264865
NCID BA56309867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20274480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想