大正博物館秘話

椎名仙卓 著

いまから130年前に誕生した博物館。その当初の目的は、広く民衆に社会教育を施すことにあった。正倉院の開封調査からミイラの公開まで、折々のエピソードを交えて綴る労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 博物館のなりたち(博物館概念の移入
  • 博物館は有料か無料か)
  • 2 大正博物館秘話(正倉院の開封調査
  • フランス製ガラスの購入
  • 勧工場第一号-陳列場であるが博物館ではない
  • 公立大坂博物場と類似施設の合併
  • 内務省の博物館、農商務省の管理下へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大正博物館秘話
著作者等 椎名 仙卓
書名ヨミ タイショウ ハクブツカン ヒワ
出版元 論創社
刊行年月 2002.3
ページ数 280p
大きさ 22cm
ISBN 4846002209
NCID BA56296674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20344776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想