ソーシャルワーカーにおけるバーンアウト : その実態と対応策

清水隆則, 田辺毅彦, 西尾祐吾 編著

社会福祉士のバーンアウト実態調査を実施し、その広がりと程度、またその原因を明らかにするとともに、バーンアウトおよび職務上有害とされるストレスに関する個人的、組織的、社会的諸対策の提言を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 バーンアウトの理論(バーンアウトという言葉
  • ストレスが引き起こす諸問題
  • ソーシャルワークとストレス
  • バーンアウトの理論と調査)
  • 第2部 調査-バーンアウトの現状分析(社会福祉士のバーンアウト調査
  • 社会福祉士のバーンアウト体験-バーンアウトを経験したワーカーの体験から)
  • 第3部 予防策-バーンアウトを避けるために(ストレスの個人的予防
  • 組織的なサポート体制
  • 精神医学からみるバーンアウト症候群)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソーシャルワーカーにおけるバーンアウト : その実態と対応策
著作者等 清水 隆則
田辺 毅彦
西尾 祐吾
書名ヨミ ソーシャル ワーカー ニ オケル バーンアウト : ソノ ジッタイ ト タイオウサク
書名別名 Sosharu waka ni okeru ban'auto
出版元 中央法規
刊行年月 2002.4
ページ数 219p
大きさ 21cm
ISBN 4805821833
NCID BA56286524
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20269321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想