規制改革と日本経済 : 何が行われ、何が生じ、何が問題か

江藤勝 著

本書は、日本をはじめとする先進主要国で長期的に行われてきた、極めて多数、かつ、多様な形のこれら規制改革ないし民営化が、どのような内容で進められてきたか、また、その結果どのような経済的諸影響を生んできたかを、可能な限り整理・評価した上で、特に米・英及び日本で生じた諸影響や諸問題を踏まえて、今後の日本で解決されるべき規制改革上の諸課題を提示し、その対応の基本的方向を探るものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「規制」の定義・種類・実態
  • 第2章 規制の経済的根拠と規制改革の実態-米・英等と日本の動向
  • 第3章 米、英等における規制改革の経済的諸影響
  • 第4章 日本における規制改革の経済的諸影響
  • 第5章 規制改革の政治経済学
  • 第6章 総括と今後の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 規制改革と日本経済 : 何が行われ、何が生じ、何が問題か
著作者等 江藤 勝
書名ヨミ キセイ カイカク ト ニホン ケイザイ : ナニ ガ オコナワレ ナニ ガ ショウジ ナニ ガ モンダイ カ
書名別名 Kisei kaikaku to nihon keizai
出版元 日本評論社
刊行年月 2002.3
ページ数 223p
大きさ 22cm
ISBN 453555160X
NCID BA56267235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20262728
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想