多文化社会と異文化コミュニケーション

伊佐雅子 監修 ; 池田理知子 ほか著

今日のグローバル化社会では、毎日の生活の中で異なる文化をもつ人たちとのコミュニケーションが増加している。また、モノやカネ、サービスや情報の文化移動が容易に行われ、それが国内ばかりではなく、外国にも影響を及ぼすようになってきたので、これからますます地球規模で物事を考えることが重要となってくる。そのため、これまでの外国人とうまくコミュニケーションがとれるようになるといった実利的な面ばかりではなく、地球時代に生きるうえでの思考力や教養を身につけることが強く求められている。この本では、既存の国民国家を軸にした異文化コミュニケーションだけではなく、あらゆるコミュニケーションを異文化コミュニケーションとしてとらえた形での異文化コミュニケーション論を扱っている。キーコンセプトはmulticulturalism(多文化主義)で、これはさまざまな文化をグローバルな視点で考えることである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 空間、時間、異文化コミュニケーション
  • 2 異文化コミュニケーターとしての通訳者
  • 3 異文化コミュニケーションと誤解の接点
  • 4 異文化コミュニケーションにおける言語選択-「英語の普及」をどう捉えるか
  • 5 「地球都市」の出現とコミュニケーション
  • 6 マスメディア(CM)と異文化コミュニケーション
  • 7 障がい者、高齢者とのコミュニケーション
  • 8 女性と異文化適応-日本人母親の場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 多文化社会と異文化コミュニケーション
著作者等 Kramer, Eric Mark
今井 千景
伊佐 雅子
吉武 正樹
山田 美智子
岩隈 美穂
池田 理知子
灘光 洋子
クレーマー エリック・M.
書名ヨミ タブンカ シャカイ ト イブンカ コミュニケーション
出版元 三修社
刊行年月 2002.3
ページ数 173p
大きさ 21cm
ISBN 4384018746
NCID BA56253638
BA56360489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20269030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想