理論にもとづく看護実践 : 心理学・社会学の理論の応用

シャーリー・メラット・ジーグラー 編 ; 竹尾惠子 監訳 ; 竹尾惠子 ほか訳

本書では理論が看護活動をどのように導き、看護活動の計画、実践、評価に理論をどのように用いたらよいかを解説する。また、看護に関連すると思われるいくつかの理論を取り上げ、9つの章に分けて、特定の理論を具体的臨床状況にどのように応用していくかを解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 理論にもとづく看護実践とは
  • 危機介入に関するアギュララとメズイックの理論
  • バンデューラの社会的認知理論
  • 抑うつ症に関するベックの認知理論
  • ボーエンの家族理論
  • エリクソンによる心理社会的発達理論
  • ラザラスのコーピング理論
  • 不安に重点を置いたペプロウ理論
  • 理論にもとづく看護実践の方法〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理論にもとづく看護実践 : 心理学・社会学の理論の応用
著作者等 Ziegler, Shirley Melat
竹尾 恵子
ジーグラー シャーリーメラット
書名ヨミ リロン ニ モトズク カンゴ ジッセン : シンリガク シャカイガク ノ リロン ノ オウヨウ
書名別名 Theory-directed nursing practice

Riron ni motozuku kango jissen
出版元 医学書院
刊行年月 2002.3
ページ数 290p
大きさ 21cm
ISBN 4260331795
NCID BA56252996
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20285727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想