自然との共生の夢 : エコロジーとドイツ文学

嶋崎啓 ほか著

自然科学の技術論として論じられがちなエコロジー。本書は、人間の思想やその現れとしての文学の領域でエコロジーを論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 エコロジーと思想(ヘッケルとエコロジー
  • ドイツ病としての環境エコロジー?-その背景の濫用された有機体概念への脱構築的批判による地球規模自然環境破壊対処学への貢献)
  • 第2部 エコロジーと文学(アイヒェンドルフの『秋の惑わし』と泉鏡花の『龍譚譚』に見る女と自然
  • トーマス・マンの短編小説『主人と犬』と「環境文学」-「わたしのエコロジー」の確立に向けて
  • エコロジーの陰画としてのドイツ抒情詩)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然との共生の夢 : エコロジーとドイツ文学
著作者等 嶋崎 啓
中島 邦雄
島浦 一博
嶋崎 順子
島村 賢一
書名ヨミ シゼン トノ キョウセイ ノ ユメ : エコロジー ト ドイツ ブンガク
出版元 鳥影社・ロゴス企画部
刊行年月 2002.2
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 4886296378
NCID BA5624881X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20329288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想