たとえと事実でつづる経済12話

越田年彦 編著

本書は、経済入門書ではあるが、経済的な世界で成立する理屈(合理性、論理性)を重視し、足し算、引き算、かけ算、わり算を中心に、数字や記号の世界に引き入れながら経済の説明に心がけた。経済入門書である性格から経済の仕組みや法則の理解のために、たとえ話や具体例をふんだんに取り入れた。経済入門書であることを強調するうえからも、できるだけ、わかりやすい言葉で表現することに努めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 経済活動と経済主体
  • 第2話 市場の役割・価格の役割
  • 第3話 資本主義経済体制の特徴
  • 第4話 資本主義経済の変容と現在
  • 第5話 国民所得・国内総生産
  • 第6話 経済の成長
  • 第7話 景気の循環
  • 第8話 政府の役割と財政
  • 第9話 銀行の機能と金融
  • 第10話 国際収支の読み方
  • 第11話 外国為替と経済社会
  • 第12話 貿易と経済交流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たとえと事実でつづる経済12話
著作者等 越田 年彦
書名ヨミ タトエ ト ジジツ デ ツズル ケイザイ 12ワ
書名別名 Tatoe to jijitsu de tsuzuru keizai 12wa
出版元 山川出版社
刊行年月 2002.3
ページ数 279p
大きさ 21cm
ISBN 4634071207
NCID BA56234214
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20266529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想