私大改革の条件を問う

岩内亮一 著

18歳人口の急減と私立大学等に対する国庫助成の占める経常費補助率の低下が、私学存立の基礎を脅かしている。大学設置基準の大幅改正により、私立大学もカリキュラムの改編や自己点検・評価システムの樹立に追われた。"世界的教育研究拠点(21世紀COE)"構想など、国の高等教育政策も目が離せない。学生の確保と財政的基盤の強化を確実なものとし、しかも社会的要請にどう応えていくべきか、私立大学は正念場を迎えた。いまや従来の枠組にとらわれない諸活動を通して個々の大学の存在証明(UI)をかけて改革推進をめざすときである。そのUI戦略を展開するための基本的かつ現実的条件とはなにか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 高等教育政策を問う
  • 1 大学改革と教養教育
  • 2 アメリカの大学の教育組織と教養教育-コロンビア大学の事例
  • 3 学生のキャンパス生活とカリキュラム
  • 4 危機に直面する大学の国際化
  • 5 高等教員のグローバル化と情報化
  • 6 少子化と私大財政の今後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私大改革の条件を問う
著作者等 岩内 亮一
書名ヨミ シダイ カイカク ノ ジョウケン オ トウ
出版元 学文社
刊行年月 2002.3
ページ数 268p
大きさ 19cm
ISBN 476201107X
NCID BA56220140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20250483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想