道路橋示方書・同解説  1・4

日本道路協会 編

本書は、「橋、高架の道路等の技術基準」として昭和55年に建設省より通達された。これは、8編に分かれていたものが整理統合されたものであり、道路橋示方書を体系化の一環としてとりまとめられたものである。その後最近では、平成5年に車両の大型化への対応や耐久性の向上等を図るために活荷重関連の規定が見直され、平成8年には橋脚基礎の設計に地震時保有水平耐力法が取り入れられる等、耐震設計に関する規定を中心とした改訂が行われた。今回の改訂では、性能規定型の技術基準を目指して、要求する事項とそれを満たす従来からの規定とを併記する書式とすることを基本とした。これに加えて、1共通編では前回改訂以降の調査研究成果、実績の反映を踏まえた内容の見直しを、4下部構造編では、耐久性の向上を図るために鉄筋の許容応力度や塩害対策の規定、新しい杭工法に関する規定の追加等を行っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 共通編(総則
  • 荷重
  • 使用材料
  • 支承部、伸縮装置 ほか)
  • 4 下部構造編(総則
  • 調査
  • 設計の基本
  • 許容応力度 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道路橋示方書・同解説
著作者等 日本道路協会
書名ヨミ ドウロキョウ シホウショ ドウ カイセツ
巻冊次 1・4
出版元 日本道路協会 : 丸善出版事業部
刊行年月 2002.3
版表示 [2002]改訂版
ページ数 567p
大きさ 22cm
ISBN 4889502475
NCID BA56188525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20271330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想